冷凍加工品

何度食べても飽きない味と、栄養たっぷり♪フライのド定番あじフライ♪

業務スーパーの冷凍あじフライ

業務スーパーの冷凍あじフライ

今回は冷凍あじフライの紹介です。

業務スーパーには様々な魚の冷凍フライがあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。そんなときは、定番中の定番、ど真ん中の「あじフライ」です。

栄養価も高く、ただ揚げるだけの時短にもなり、満足度も満点です。
しかも価格も安くて、満足度200%です。

失敗なしで、おいしく揚げるコツも含めて紹介します。

あじフライの価格や量は?

約60gのあじフライが10枚入って338円(税別)です。
10㎝ほどのあじのひらきにパン粉の衣をつけて冷凍してあります。

惣菜コーナーで揚げたものを買ってきてもいいのですが、やはり揚げたてが一番です。
10枚入っているので、少人数の家庭では一度には使い切れませんが、冷凍ですので長期保存もききます。さっと取り出して揚げるだけの手軽さも魅力です。

おいしい揚げ方は?

揚げたての業務スーパーの冷凍あじフライ

揚げたての業務スーパーの冷凍あじフライ

袋には「170℃のたっぷりの油で、凍ったまま2枚当たり約3分揚げる」とあります。

ただ、家庭で揚げるときは、190℃の高温で入れ、泡が落ち着いてきたら170℃に下げます。
次に、表裏を返しながら、じっくりと芯まで熱を通します。取り出すタイミングは、よく見ていると、ぷくっと膨らんできますので、それが合図です。

業務用のフライヤーと違って、家庭用の鍋では油の量も少なく、高温で入れないとすぐに温度が下がってしまい、うまく揚がりません。
また、温度を上げ過ぎると入れたとき油が周囲に跳ね危険ですので注意して下さい。

食べてみた感想は?

衣に若干の塩味がついているので、何もつけずにそのまま食べられます。
外はカリっと、身はふっくらしていて、何枚でも食べられそうです。

最後にひとこと!(⌒∇⌒)

袋から取り出した業務スーパーの冷凍あじフライ

袋から取り出した業務スーパーの冷凍あじフライ

我が家では冷凍室に常備されているのが、このあじフライです。
クセがなく、美味しいのがあじフライの魅力でしょうか。
味よし、コスパよし、栄養よしですね。

あじフライ600g(10枚入り)/338円(税別)
おすすめ度 
※表示価格・内容量・原産国・パッケージ等は執筆時のものです

  • この記事を書いた人

XAVI (ザヴィ)

■兵庫県在住 ■1956年生まれ ■料理歴:20年 ■業務スーパー利用歴:15年  ■20年前のある日、食べ盛りの子供5人と母、私の7人分の夕食を作り始めることになる。 現在は末娘との二人分になりましたが、相変わらず夕食担当です。 凝ったものは滅多にせず、30分ほどの調理時間で最低3品は作るようにしています。 正直、業務スーパーの食材は使いずらいですが、あれこれと試行錯誤できる楽しみもあります。

-冷凍加工品
-, , , , ,

© 2022 ざびろぐ -XAVI`s Blog- Powered by AFFINGER5