冷凍加工品

業務スーパーのなすの挟み揚げは鶏肉たっぷり、揚げるだけの簡単調理!

業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

今回は「なすの挟み揚げ」の紹介です。業務スーパーの「簡単調理 揚げるだけ」シリーズです。

揚げるだけと言われても、美味しいのかどうか、食べてみないと分からないので、買うのをためらってしまいますよね。商品に当たりハズレが、それなりにあるのが業務スーパーですから、なおさらです。

価格は?内容量は?

480g入って、375円(税別)です。
12個入っています。

大きさは直径が5cm、厚みが2.5cmほどで、たっぷり鶏肉が挟まっています。
適度に衣をつけて油で軽く揚げたものをバラ冷凍しています。

揚げてみました

揚げている業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

揚げている業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

冷凍食品の揚げ方は、少し高めに温度を上げてから、入れると失敗しません。
業務用の揚げ鍋と違って、家庭では、入れたときに急激に温度が下がります。

①一度にたくさん入れない
②温度を少し高めにしてから入れ、落ち着いたら170度程度に下げて、じっくり揚げる

これを心がければ、まず失敗しません。
温度が低いと、衣がはがれたり、中身が飛び出したりします。
また、温度を上げ過ぎると、油がはねて、周囲に飛び散り危険です。

この挟み揚げの場合は、190度から入れ、落ち着いたら170度に下げて揚げます。

事前に軽く油で揚げてあるので、衣がはがれにくく扱いやすいですよ。
また、少量の油を引いてフライパンで焼き上げるということもできます。

食べてみました

揚がった業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

揚がった業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

外はカリカリ、中はなすと鶏肉が、ジューシーに溶け合って、とても美味しいです。
なすと鶏肉の旨味を、引き立てる程度に、塩味がついていますが、決して濃くはなく、ほどよい塩辛さです。もちろん、揚げたてが一番ですが、冷めても美味しくいただけますので、お弁当のおかずにも向いています。

自分で作ると、どうしてもナスのサイズが揃いませんが、その点は大丈夫です。これも冷凍食品の強みですね。

揚がった業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

揚がった業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

最後にひとこと!(⌒∇⌒)

挟み揚げを一から作るとなると、下ごしらえと後片づけに、結構な時間がかかるのですが、これは本当に便利です。

今夜、何にしようかと迷ったときに、冷凍の揚げ物は、とても重宝するので、他にも何種類か、冷凍庫に入っています。その中でも、このなすの挟み揚げは、過度な期待をしない限り、オススメの一つです。

袋から取り出した業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

袋から取り出した業務スーパーの冷凍なすの挟み揚げ

冷凍なすの挟み揚げ 480g/375円(税別)
おすすめ度 

※表示価格・内容量・原産国・パッケージ等は執筆時のものです

  • この記事を書いた人

XAVI (ザヴィ)

■兵庫県在住 ■1956年生まれ ■料理歴:20年 ■業務スーパー利用歴:15年  ■20年前のある日、食べ盛りの子供5人と母、私の7人分の夕食を作り始めることになる。 現在は末娘との二人分になりましたが、相変わらず夕食担当です。 凝ったものは滅多にせず、30分ほどの調理時間で最低3品は作るようにしています。 正直、業務スーパーの食材は使いずらいですが、あれこれと試行錯誤できる楽しみもあります。

-冷凍加工品
-, , , ,

© 2022 ざびろぐ -XAVI`s Blog- Powered by AFFINGER5