冷凍加工品

業務スーパーの冷凍子持ちカラフトししゃもフライはオススメですよ~

業務スーパーの子持ちカラフトししゃもフライ

業務スーパーの子持ちカラフトししゃもフライ

今回は、「子持ちカラフトししゃもフライ」の紹介です。

魚のフライというと、アジフライがまず、うかびますが、このししゃもフライも、なかなかのもので、我が家のフライの定番になっています。

プチプチした卵の食感と、青さ海苔の香りが、食欲をそそります。

一度食べたら、クセになりますよ。

子持ちししゃもフライの内容量や価格、中身は?

500g入って398円です。

はかってみると、1匹が25gほどでしたので、20匹程度入っていますね。

長さが13㎝ほどの子持ちししゃもに、青のり入りの衣がついた、磯辺フライになっています。

尻尾の部分は折れやすいのか、ついているのを見たことはありません。

生の状態で冷凍してあるので、あとは油で揚げるだけになっています。少な目の油を使って、フライパンで焼き上げることもできます。

子持ちししゃもフライの調理は揚げるだけ!

揚げるだけのお手軽さ

揚げるだけのお手軽さ

油を熱して、冷凍のまま入れ、揚げるだけです。

熱を少し高めにして入れ、落ち着いたら170度程度に下げ、そのまま揚げます。

家庭で冷凍の揚げ物をするときは、油に入れると、一気に温度が下がってしまいますので、既定の温度より少し高めにしてから、入れるのがコツです。

一度にたくさん入れるのも、急激に温度を下げてしまい、うまく揚がりません。

コロッケ等だと、低温になると、衣から中身が飛び出してしまいます。

また、温度を上げ過ぎてから入れると、油が周囲に飛びはねて危険ですので、その場合は温度を下げてから入れるようにします。

揚げるのは嫌いという人には、フライパンに油を引いて、焼き揚げるのも良いですね。その場合は、こまめに返すのがコツです。

お酒の肴に、少しだけ作りたい場合などでしたら、オリーブオイルを使って、焼き揚げるのが良いですよ。

子持ちカラフトししゃもフライ

子持ちカラフトししゃもフライ

キツネ色に揚がったら、少し塩味がするので、そのままでも美味しいのですが、タルタルソース等をつけても、おいしくいただけます。

最後にひとこと!(⌒∇⌒)

商品名にわざわざ「カラフトししゃも」とあるのは、「ししゃも」と、「カラフトししゃも」は別の魚だからですね。

実は、市場に出回っている「ししゃも」の大半は「カラフトシシャモ」のようです。

このフライに出会ったとき、どんなものか想像はできましたが、食べてみてはじめて、分かる美味しさに驚きました。

サイズも手ごろで、パクパク食べられますよ~。
一度、お試しあれ。

袋から取り出した子持ちカラフトししゃもフライ

袋から取り出した子持ちカラフトししゃもフライ

冷凍子持ちカラフトししゃもフライ 500g/398円(税別)
おすすめ度 

※表示価格・内容量・原産国・パッケージ等は執筆時のものです

  • この記事を書いた人

XAVI (ザヴィ)

■兵庫県在住 ■1956年生まれ ■料理歴:20年 ■業務スーパー利用歴:15年  ■20年前のある日、食べ盛りの子供5人と母、私の7人分の夕食を作り始めることになる。 現在は末娘との二人分になりましたが、相変わらず夕食担当です。 凝ったものは滅多にせず、30分ほどの調理時間で最低3品は作るようにしています。 正直、業務スーパーの食材は使いずらいですが、あれこれと試行錯誤できる楽しみもあります。

-冷凍加工品
-, , , ,

© 2022 ざびろぐ -XAVI`s Blog- Powered by AFFINGER5