冷凍加工品

業務スーパーの葱抓餅(薄焼き餅)ほうれんそう風味を食べてみました

業務スーパーの葱抓餅(薄焼き餅)

業務スーパーの葱抓餅(薄焼き餅)

今回は、葱抓餅の「菠菜」の紹介です。

葱(ねぎ)を抓(ひっかく)餅の菠薐草(ほうれんそう)。

つまり、ほうれん草風味の、台湾のねぎの薄焼きですね。

薄焼きというと、ネギだけ入った、サイズが小さめの薄い、お好み焼きなのですが、ここから来たものなのかもしれませんね。

以前、プレーンを食べてみたので、今回は、ほうれん草風味です。

※プレーンの紹介はこちら

台湾の屋台でおなじみと、袋に書いてあるので、普通にあるものなんでしょうね。外食文化の台湾らしい、食べ物です。

葱抓餅の価格や中身は?

袋の中身は1枚ずつシートで挟み込まれている

袋の中身は1枚ずつシートで挟み込まれている

価格は600g(5枚入り)で、328円(税別)です。

直径20cmほどのものが、薄いフィルムシートを、1枚づつ挟んで、5枚重ねて冷凍されています。

原材料は、小麦粉・大豆油・ねぎ・ごま・食塩ほうれん草です。原産国は台湾です。

葱抓餅を焼いてみました

フライパンで焼く

フライパンで焼く

油を引かずに、フライパンで5分程度、中火で返しながら、焼くと出来上がりです。

少し熱が加わってくると、油がにじみ出てきます。

焼いたすぐに、箸で表面をひっかくと、パリパリした食感になります。

数を焼いていくと、次第にひっかき方も、上手くなってきてました。

葱抓餅を食べてみました

焼いてすぐに箸などで表面をひっかくと出来上がり

焼いてすぐに箸などで表面をひっかくと出来上がり

ほんのり塩味と、ごま油の香りがして、こちらも美味しいですね。

表面はパリッとして、中はモチモチです。

ほうれん草入りですが、味的にも食感も、プレーンとの違いは感じません。

見た目、少し緑っぽいかな、という程度の差ですね。

どちらを買っても、よさそうです。

卵やベーコン、チーズ、野菜等の具材を巻くと、ボリュームも出て、より美味しくなりそうですよ。

最後にひとこと!(⌒∇⌒)

小麦粉を水で練って、ごま油で焼けば、できそうですが、冷凍のものを使って、さっと焼くというのも、より簡単でいいかもしれませんね。

焼いてる間に、巻く具材の準備ができますしね。

腹持ちも意外にあるので、朝食やおやつなどにも、使えそうです。

※ほうれん草が入っていないプレーンはこちら

袋から取り出した凍ったままの業務スーパーの葱抓餅(薄焼き餅)

袋から取り出した凍ったままの業務スーパーの葱抓餅(薄焼き餅)

業務スーパーの葱抓餅(薄焼き餅) 600g(5枚入)/328円(税別)
おすすめ度 

※表示価格・内容量・原産国・パッケージ等は執筆時のものです

  • この記事を書いた人

XAVI (ザヴィ)

■兵庫県在住 ■1956年生まれ ■料理歴:20年 ■業務スーパー利用歴:15年  ■20年前のある日、食べ盛りの子供5人と母、私の7人分の夕食を作り始めることになる。 現在は末娘との二人分になりましたが、相変わらず夕食担当です。 凝ったものは滅多にせず、30分ほどの調理時間で最低3品は作るようにしています。 正直、業務スーパーの食材は使いずらいですが、あれこれと試行錯誤できる楽しみもあります。

-冷凍加工品
-, , , , ,

© 2022 ざびろぐ -XAVI`s Blog- Powered by AFFINGER5